足が絡まっても、踊り続ける

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

蛍が飛び交う頃きみは

僕は蛍をみたことがない。理由は二つある。まず、単純に蛍をみる機会に巡り合わなかったこと。そして、大学生のうちに一緒に蛍をわざわざ見たいと思える人に巡り合えなかったことだ。

 

f:id:works_movie:20180524154001j:plain

 

毎年この季節になると、早稲田大学の近くにある椿山荘というホテルが、庭園に蛍を放つ「蛍の夕べ」という催しを行う。大都会の中心にそんな催しがあるなんてとても素敵だ。曇りがちな都会の夜にこそ、孤独な人々を照らす星が必要であるように、都会にこそ忘れがちな情緒を思い出させる蛍の灯りが必要なのだと思う。

 

けれども、僕は蛍をみたことがない。この季節になれば、大学のそばで貴重な命を燃やしながら蛍が飛び交っているにも関わらず、だ。

 

…この催しの存在を教えてくれたのは、昔付き合っていた年上の女性だった。

 

~~~~~~~~

 

彼女も僕も村上春樹の『ノルウェイの森』の大ファンだった。よく大学のそばを二人で歩いた。作品の主人公である ”わたなべ“ が下宿している寮は、大学の近くにある学生寮をモデルにしたものだということも、その姿を消す前に “突撃隊” が蛍の詰まった瓶を主人公に渡すシーンは、大学のそばにある椿山荘のその催しを汲んでいるということも、教えてくれたのは彼女であり、それは彼女の隣を歩いているときだった。

 

残念ながら、彼女と付き合い始めたのは僕の大学1年生の夏休みが始まる頃だったので、その年に蛍を見に行くことは叶わなかった。彼女とは、くっついては離れる、どうしようもない関係をずるずると続けた末、今まで何事もなかったのように綺麗に別れた。その頃には蛍など頭の片隅にすらなかった。

 

そのような関係が終わってから、もうじき今年で二回目の初夏を迎える。今年も「蛍を見にいこう」なんてキザな誘いに嬉々としてついてきてくれるような女性とは巡り合えなかったし、そんなマトモな関係を人と築く努力を、いやマトモに人を愛せるような自分に変わる努力を、怠ってきた。

 

~~~~~~~~

 

それは普通の人が「今年も一緒にクリスマスを過ごす恋人ができなかった」と嘆くのと全く同じことで、僕は「今年も蛍を見に行くことができなかった」と嘆くだろう。

 

初めての何かを知るなら、大切な人とが良い。バカみたいかもしれないけど、そんな想いがずっと心の中にある。だから蛍も見にいかないし、浅草にも行ったことがなく、もっと言うと江の島にも行ったことがない。これが自慢になればいいのだが、悲しくも自慢にはならない。

 

 

今年も、蛍が飛び交い始める。そんな折り、僕は誰の顔を思い浮かべればいいのだろうか。正直見当もつかない。もうそろそろマトモに相手を見つけるのは諦めろ、と、日が暮れるとより一層荘厳な佇まいを携えるアイツに言われているかのようだ。

 

www.worksmovie.com

 

は〇な株式会社新卒採用に応募しました

まず、は〇な株式会社について。「入社した、または退社した」というエントリーをその会社のサービスで散見されることが非常に面白いと思っていました。なんだかそれだけで素敵な会社なのかもしれないね。

 

ずっと念頭に合ったことだったので、自分の在り方を見つめ続けながら、ついに新卒採用についてメールで応募してみた、ということで、僕も上に倣い、メールを送っただけの記事を書いてみようと思った。そんなに人目に触れることもないだろうし、このブログでそこまでヤバいことも言ってなかったと思うので大丈夫だろう。

 

ただ、このブログと連結しているツイッターのアカウントでエッチなアカウントにリプライ送りまくってること(返信ほぼこない)が一番の気がかりである。

 

~~~~~

 

元々メディアが好きだったのは、それが人々の多様な生き方を認め合うことができる場所として、可能性を感じるから。

 

あたりまえだけど、世の中には、色々な人が、たっっっっくさんいる。その人たちが思ったこと、感じたこと、生きていることの記録は、特にブログというツールで発信し受信し合うことができて、それが非常に楽しく、また学びになる。個人の発信力が増しつつある中、どんな生き方でもできる世の中、になりつつあるように感じるのは、そのようなウェブサービスやそこから儲けを得ることができる仕組みが発展したことにほかならないのではないだろうか。

 

僕は自分の生き方を発信するのが好きだ。けれど、僕は人の生き方を発信するのはもっと面白いと思う。例えば、自分なんかよりよっぽどぶっ飛んでいて、無茶な生き方をしている人が周りにたくさんいる。そんな人たちが世に出ていかないのは非常にもったいないと思うし、その無茶な生き方が財産として扱われる日が来ればいいのに、と思わずにいられない。

 

「好きなこと、面白いことがやりたいけど、それだけじゃ生きていけない」

 

彼らの大半はこういう。才能も若さもあるのに、あと一歩のところで無茶ができない。その一歩が足りないのは「知らないから」だと思う。あるいは「知られていないから」といった方が良いのかもしれない。彼らは、自分の生き方を発信して生きていく術を知らなくて、あるいは、彼らにとってまだそのような自分を発信する術が存在しないのかもしれない。

 

 

いつか色々な形をした「おもしろいこと」の価値がもっともっと増して、それだけでその人の生活を豊かにできればいいのにな。例えば音楽とかお芝居とか、本気でやってるけど既存のやり方に従うしかなく、でもそんなことを志している人間は山ほどいるわけで、そんなんだから中々芽が出ない、なんていうのは本当に寂しい話だと思う。

 

 

そういう人たちの生き方を後押しできればいいのに、と思いながらそれができない自分の無力さを何度も感じたし、だからエンタメ業界を志していた(全部祈られた)。

 

~~~~~

 

総合商社や金融、大手メーカーも志望していたが、企業の求める理想的な就活生を演じることに疲れてしまった。多かれ少なかれ、自分を演じなくては生きていけないような社会であることは100も承知だが、そんな社会であるということを当たり前のように享受し、周りがしているからするというこのイベントの実態にも嫌気が刺し始めた。

 

在りたい自分というものを強く抱いていたが、たかが一回の面接、5分の小話で大量の就活生を切り捨てるシステム(仕方ないものだと納得する努力はしている)の餌食になったことも往々にしてある。

 

だからそろそろ本気で、本当に自分の生き方を考え始めた。

 

~~~~~

 

はてなバリューズ、死ぬほど素晴らしいとおもう。僕は面白いものが好きだ。面白いものともっと出会いたい。私服で出勤したい。発信する仕事がしたい。そしてプロフェッショナルになりたい。数学もプログラミングも何もできないんだけどね…。

 

developer.hatenastaff.com

 

新卒採用情報、隅々まで見ました。

 

f:id:works_movie:20180522122723j:plain

新卒採用ページより

 

えっと。書類締め切り、3ヵ月前???ここはどこ???私は誰??? 

完全に乗り遅れてるよね。

 

色々な生き方ができる世の中にありつつある…から、なにがあっても、何もなくても、今日をめげずに生きていきます。

 

 

愛猫が老衰で死んだ。今まで本当に本当に本当にありがとう。

実家から今死んだと連絡があった。

 

もう長くないことは知っていたので随分前から心の準備をしていた。それにもかかわらず訃報を受けた途端にひたすら悲しくて悲しくて涙が止まらずディスプレイに反射された自分の顔がぐしゃぐしゃになってどうすればいいかわからなくなって、とりあえず最後の記録としてここに記そうと思った。

 

f:id:works_movie:20180225103334j:plain

 

苦しまずに、意識もうろうとする中、静かに逝ったとのこと。

 

彼の一生は一体どんなものだったのだろう。僕に似た神経質な猫で、人にも他の猫にも寄り付かず、いつも誰もいないところを好んで寝ていて、でも必ず家族が帰ってくると玄関まで迎えに来てくれる非常に賢い猫だった。受験でしんどかったとき、いつもそばにいてくれたことを僕は知っている。本当に、本当にありがとう。おかげで入りたい大学にも入れたんだよ。亡骸の写真は、もう痩せていて、顔も歪んでいて。でも生きているときは本当に端正な顔立ちでスマートな立ち振る舞いだったんだよ。顔を近づけると猫の体臭と家の中の臭いが入り混じってすごく懐かしい匂いになって、何度も何度もかいで帰省の度にまずこの子の臭いをかいで、ああ帰ってきたんだって実感していたんだよ。今までお疲れ様。ありがとう。

 

ビデオ通話で逝った後の姿と同時に父親の顔を久しぶりに見たけど、随分老けていたことが象徴的に感じられた。ひどく寂しい気持ちになった。

Q. 高学歴は大手企業に就職できないと死ぬ? A.死にます

 そこそこ良い大学に居るとそこそこ良い企業に入らなくてはいけないというしょうもない思考が生まれるのだけれど、これは仕方のない事だ。周りは優秀な学生が多く就職の実績も誇り高きものであるし、優良企業に入社するための切符は得た。ここまでお膳立てされているんだから大手でバリバリキャリアを積み重ねるべきであるということが共通認識としてある。

 

 本当にくだらないことだけれど、それくらいでしか自分の立ち位置を確認する指標はないわけで、就職先とはつまりこれから何十年間も自分を表す本人証明書だ。大手に入社したからと言って幸せになれるという保証はもちろんない。だがどんな選択肢を選んだところで不確定要素はそこら中に蔓延っているのだから、今持っているカードを最大限に活用したいと考えることは決して間違いではない。

 

 

 

 自分が納得できる生き方?出来たらいいよね……と、以上のように大手病にとりつかれたことを合理化して語ってみたが、結局は人前に立った時に見栄を張って自分を安心させ、あわよくば金が欲しいだけなのだ。本当にそんなつまらん生き方でイイの?いや良くないけど…やはりここで死ぬほどの想いで入学時に得たカードを捨てるのはもったいないでしょう?生きたい様な人生を生きられるほど都合いい選択肢は都合よく転がっちゃいねえんです。だからまだ何となく幸せそうな選択肢を選ぶんだよ。どんなに尖っていても社会に依存して生きているわけだから、一匹狼貫いて生きていけるほどのヴァイタリティがあるやつばかりではない、そしてこれは甘えではない。

 

 

要約すると、好き勝手に生きたいけどさぁ、そうやって生きるのは、なんか~超大変な気がするじゃん?ということです。

 

 

 ちなみに僕は非常に入りたかったメディア系の会社にも祈られまくってる。「在りたい自分」というものを何となく掴めそうになったはいいものの、どうにもならんことを押し付けられるという現象が社会には往々にしてあるのだ、ということをクソ程学んだ。

 

 

 

 もし僕に学歴が無かったら、なんてつまらない話をさせてもらうと、まず美術学校に入って絵をかいてデザインの勉強やらして自分にしかできない作品を世に生み出しまくるよ。でもそれが評価されるとは限らないし毎日冷や飯を食っていたかもしれないし、あるいは(これは今とも異なったことではないが)良くわからない女とセックスするためだけに生きていたかもしれない。怠惰で刹那的な盲目的日常、それも結構である。翻ってうまくデザインの世界で生きていたとしても給与はたかが知れているし超多忙だろう。

 

 

 どんな生き方だってできるかもしれない。けれど、それが言えるのは想像しているうちだけだ。選択肢は次々に死んでいく。僕らは常に様々な対立する想いを抱いていて、なんだか落ち込む日もあれば、外に出たくて仕方ない日もあり、それは様々な人格を抱えていているようなものだ。

 

 

 一つのあり方について、正解だったと思う時もあれば失敗したと思う時もある、だから何もかも知ったかのような顔で大げさに説教するのはやめてくれ。今を生きるだけでも必死なのだから。

 

 

 でも就活大失敗した時のことを考えた時の方が、ちょっとわくわくするんだよね。なんでだろう。