足が絡まっても、踊り続ける

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

2018-03-14から1日間の記事一覧

君がいたあの夏の日に

僕に生まれて初めてできた恋人の話をしようと思う。 あれは僕が大学1年生で、鈴虫がまだ泣き始めない夏頃だった。彼女は二つ上で、サークルの先輩だった。大学生活の右も左もわからず、とにかく調子づくことが仕事でありながら人付き合いが苦手だった僕のど…

いつから日本は名詞を重ねる「強調の修辞法」を多用するようになったか

最近とても気になる言葉の使い方がある。それは「名詞を重ねて形容句を生み出す」という技法だ。これは極めて汎用性の高い技法であり、本当に伝えたい言葉が出てこない時、特に苦し紛れに使われるように思う。 (例①) A「今日の服可愛いね!」 B「え、本当…