足が絡まっても、踊り続ける

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

2018-05-19から1日間の記事一覧

江國香織の「あとがき」が素敵すぎる三作品を紹介する

僕は江國香織の小説が好きです。 彼女は恋愛小説の女王と称されることが多々あるため、20歳そこそこの男である僕が彼女の小説が好き、と言うのはちょっとだけ恥ずかしいものがある。 だけど彼女の小説、とても良いんですよね。静かに燃え、夕日が射す様な世…