足が絡まっても、踊り続ける

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

エッセイのこと。

美しすぎる初恋の幼馴染と再会した。

それにしても、少年時代の美しい幼馴染と、22歳になって再会するというのは、それだけでありふれたドラマのようだ。 しかし、そのドラマのようなシーンを、ただの美談に仕立て上げられるほど私は強くなかったようだ。 昨晩、初恋の人と再会した。 まともに話…