足が絡まっても、踊り続ける

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

少女漫画原作映画、多くない?実写化が絶えない理由を考察してみた

先日、ある映画を観に行ったのだが、上映前の他作品予告映像で衝撃なものを見てしまった。その作品は、『PとJK』という少女漫画原作のラブストーリー。タイトルからして意味が分からなすぎる。

どうやら、P=ポリス、JK=女子高生ということらしく、警察官と女子高校生が恋に落ち、秘密裏に結婚してしまうという筋書きらしい。主演は亀梨和也と土屋太鳳。

タオちゃんも最近いろいろな映画で見かけるようになった。タオちゃんだけでなく、この手の少女漫画原作映画に出演する俳優は固定されてきたね。山崎賢人君とか。

 

f:id:works_movie:20170210184736p:plain

日本の映画もついに終わったのかと思ったが、こういう予告映像で既に青ざめてしまうような少女漫画を映画化するという風潮は、今に始まったことではないらしい。

 

そんなわけで、今回は一歩引いてしまうような少女漫画の映画化が絶えない理由を考察してみました。

 

また、少年漫画の実写化が絶えない理由と、それにウンザリする人たちの記事も書いてみたので、そちらもよければ読んでみてください。

 

works-movie.hatenablog.com

 

昔と今の少女漫画原作映画

とりあえず、過去の少女漫画原作映画と最近のものを順に挙げてみようと思う。 

 

少女漫画映画化作品で有名なもの

興行収入を高く収めたものを順に取り挙げたいと思います。

 

1位『のだめカンタービレ

TVドラマに引き続き、上野樹里玉木宏主演作が2010年に公開。あらすじはもういいよね。原作が実家にあります。もちろん大好きで映画もドラマもちょいちょい見てました。

2位『花より団子』

井上真央主演で2シリーズに渡るドラマ化の末、2008年に映画化。あらすじは、超金持ち名門高校に通う主人公が、学園を牛耳る御曹司4人組からなんかモテまくるみたいなやつ。再放送のドラマとか割と面白くて見てた気がする

3位『NANA

2005年、中島美嘉主演作。同じ名前を持つ二人の少女が、バンドメンバーを交えて進む物語。こんなかんじですよね。ラルクが曲提供したり、社会現象になったり、すごかったらしい。

後幾つかあげると、『僕の初恋を君に捧ぐ』『今日、恋をはじめます』『僕等がいた』『君に届け』とか。君とか僕とか恋とか。

 

今年の春公開を控えた作品

次に、最近公開を予定した少女漫画原作の作品をまとめてみました。

 

『一週間フレンズ』

f:id:works_movie:20170210195925j:plain

(C)2017 葉月抹茶スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

川口春奈山崎賢人主演作。1週間で記憶がリセットされてしまう主人公・藤宮と、彼女が気になってしょうがない少年・長谷によるラブコメディ。

 

うん、そうかそうか…次!!

『今日のキラ君』 

f:id:works_movie:20170210200007j:plain  

(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

監督は、演出家でもある、『L・DK』の川村泰祐。「近キョリ恋愛」で知られる漫画家・みきもと凛の原作漫画を実写化。他人と関わることが苦手な少女と、秘密多き人気者”キラ”君との恋愛模様を描く。

 

キラキラワード多すぎて読んでたら涙出てきた。

ハルチカ

f:id:works_movie:20170210200105j:plain

(C)2017「ハルチカ」製作委員会

Sexy Zone」の佐藤勝利主演。高校で再会した幼なじみのハルタとチカによる音楽×ミステリー作。学校内で起こるさまざまな事件を解決しながら、弱小吹奏楽部の全国出場を目指す。

 

少女漫画原作映画が絶えない理由

昔と今の少女漫画原作映画

以上から、売れた映画と最近の映画の比較について私見を述べたい。

昔の上位三作品は、男の僕でも凄く好きな作品だし、いくつになっても楽しめるような作品だ。原作も伝説的な売り上げを誇り、今でもこれらの漫画が大好きなファンはたくさんいるだろう。どんな世代でも楽しめるような造りになっていると思う。

しかし、最近の少女漫画原作映画はいかにも安直で真面目な『ラブコメ』になりすぎている!良い映画作品なら誰も突っ込みいれないはず。けれど、広告を見るたびに突っ込みたくなるようなありきたりなストーリー、同じ俳優を使った映画が多すぎる…。

これらをまとめたうえでの考察

なんとなく、映画化作品のトップ3をみれば売れる理由はわかる。ターゲットが中高生だけでなく、どんな世代であってもそれなりに楽しめるように作られているんだね。例えば、上記にはあげながったけど、来月公開の『三月のライオン』とかも色々な層が観て楽しめそう。

 

ただ、目に余るのはそれ以外の作品。

これ誰が見るんだ、というような、もう廃れきっているような人物の陳腐な構図だったり、ありきたりな物語の作品。

これらがいまだに生み出され消費され続けるのには、理由がある。

 

それは、ターゲットがティーンエイジャーに向けられているからじゃないかな。つまり、新陳代謝が激しいから、10年もすれば小中高生総取り換えで、新しい世代が生まれる。だから、ありきたりな映画への需要は尽きない。

 

この手の映画は一定の利益が見込めるはずだし、有名な俳優やアイドルを出演させれば自然と話題にもなるし、彼ら目当ての観客も増える。芸能事務所との繋がりで広告費も安く済む。

 

まてよ、これ…資本主義の縮図じゃん!!!

 

でもこのような企画が今の日本映画界を支えているのも事実だと思う。

 

少年漫画原作との比較

とはいえ、日本映画においては、少女漫画に限らず漫画原作が多い。ちょっと悲しくなるくらい。今年は『ジョジョ』『銀魂』とか実写化されるよね。

でも少女漫画原作とは本質が少し違う。上で解説した通り、少女漫画は消費してなんぼ。トレンドを取り入れて、若い子にウケればそれでいい。だから数も多い。

でも少年漫画の場合、原作売り上げが少女漫画に比べ高い。シリーズ化したり、100巻近く続いたりもする作品もある。『ワンピース』『こち亀』『名探偵コナン』とか。つまり、それだけターゲット層も広い。

 

そしてどうなるかというと、一つのコンテンツを徹底的にメディア化する。人気作品を骨の髄までしゃぶりつくす!!!これじゃまるで極道のようだ。

最近だと『鋼の錬金術師』とか。もういいじゃないですか、そろそろ休ませてあげましょうよ。小説家にアニメ化にゲーム化に…それに実写化には向いてないよあれは。

進撃の巨人』なんか、ブームが終わる前にとりあえず実写化しとこ、みたいなひどいノリだ。アニメ、原作が成功していることをいいことに実写化なんてひどすぎるよ…。

 

 

 

 

 こんな記事も書いているので参考にしてください。

www.worksmovie.com

 

 

まとめ

ちょっとくだらないなぁと思うような映画が氾濫しているのは事実、けれどそのような映画が求められていることも事実、そしてそのような作品が映画業界を支えているという事も事実だ。

いいじゃないか、好きなものだけ観よう。そう自分に言い聞かせても、否応に目に入ってくるのがこれらの作品。やっぱり多すぎる、キラキラした恋愛もの。

 

個人的な感想だと、 アイドルとかモデルとかだけじゃなくてちゃんとした役者も使ってあげて欲しい。本気で映画俳優を目指す彼らにもっとチャンスを与えてやってほしい。

 

これらの作品が良質ではないというつもりはないです(本当に)。

ただ、これから日本の映画界はどうなって、どんな作品が生み出されていくのだろうかなと日々考えています。

 

以上、独り言でした。おしまい!