映画喫茶 Bande à part バンドアパート

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

アクセス数の増やし方のこと 初心者による急にアクセスが増えた理由についてのまとめと考察。

 こんにちは。

 ブログを始めて1週間経ったのと同時に、アクセス数が1000を超えました。一日に100人以上が当ブログに訪れてくれている計算になる。

 やっぱり読んでもらえると嬉しいよね。

f:id:works_movie:20170211004703j:plain

 この数が多いのかどうかはわからないが、初心者としてここまで見てもらえることを想定していなかったため、少し驚いている。

 初心者なりにアクセスが増えた理由を少し考察してみたのでちょっと見ていってくれたらうれしい。

 参考になるかわからないけど、いろいろアクセスを稼ぐための記事には載っていないような意見を初心者の観点から紹介するよ。

アクセス数の増やし方

当ブログのアクセスが増えた理由というのを、分析の上まとめたいとおもう。

アクセスの分析

f:id:works_movie:20170215155654j:plain

 しかしながら、アクセス解析という機能によると、どうやらある記事が二日間で800近いアクセスを稼いでくれたみたいで(笑)

 その記事がこれ。

works-movie.hatenablog.com

 アクセス元を辿ってみると、どうやらスマートニュースというサイトでこの記事が載ったらしく、当ブログへのアクセスの半分以上がここから。すごいね。

  逆に言うと、この記事が当たらなければほとんどアクセスが稼げていなかったことになる。

アクセス元について

f:id:works_movie:20170215161020p:plain

 上の画像を見てもらうとわかるけど、残りははてなブックマーク検索エンジンに引っかかっているらしい。

 はてなブックマークの何かのカテゴリーでも紹介されたみたい。

 そしてはてなキーワードも少しではあるけど、これは例えば、上の記事では亀梨和也の人名などかな。

 僕は映画の俳優や作品の紹介を幾つかしていて、こういう記事だと人名や作品なども言及できるから、そこそこアクセスしてもらえるみたい。

 

works-movie.hatenablog.com

 

検索に引っかかるために

 これは、どこかの記事で読んだことあるけど、キーワードを三つ含めるといいみたい。例えば上の記事なら『少女漫画』『映画化』『理由』みたいなね。

 あとはイベントに沿った記事。

 

works-movie.hatenablog.com

  バイトの後、賄い食べながらだったから適当な文章で少し恥ずかしいけれどこれもいくつか検索エンジンから引っかかってるみたいで。

 SEO対策は以下の記事を参考にしたよ。

www.sukinamonote.com

 

 

初心者の観点から考察

 あと、様々なブログでも言われているのが『タイトルの付け方』ってあるよね。

 でもさ、タイトルの付け方って言っても、そもそも人の興味をひくような内容のある記事じゃないと、思わずクリックしてしまうタイトルってつけられないんじゃないかなと思う。

 そうじゃなくてもそういうタイトルをつけるのは難しい。

 主観性の強い、例えばその日の一日とか、思ったこととか綴るような、エッセイ的な記事を書いたとする。かなり難しくない?それでタイトルつけるのは。

   単純に面白い文章を書いたり、衝撃を与えるようなタイトルをつけるのは難しいし、できる人は本当にすごいと思う。

 だから、おれが思うのは他の人とも共有できそうな疑問とかをもっと突っ込んでいく。

 例えば、なんであの俳優ってこんなに映画に出てるのか、とか、あえて流行に逆らうような。一定数は必ず、そういった流行に疑問を抱いている人もいる。

 そうすれば、思わずクリックしてしまうようなタイトルもつけやすいんじゃないかな。

タイトルの付け方はこれなんか参考にしてみればいいかと。

liginc.co.jp

まとま

 まとめると、一つ記事が当たれば、読者も増えるし、コンスタントにアクセスしてもらえるようになる。

 つまり、アクセスがほしいなら記事を当ててしまえばいい。

 簡単に言うけどこれは難しいよね。

 僕も一回だけ予期せずバズった(適切かはわからない)だけで偉そうなことは言えないけど。以下の記事とか参考にどうぞ。

www.enjoy-natulife.com

 コツコツ稼ぐのは、いろいろな人に星をつけたり積極的に読者になったり。僕は興味ある人は積極的に読者になってるかな。

 あと記事を書く時間帯や曜日。平日だったら午後8時以降、週末なら昼過ぎとかかなあ。これはあくまで予想でしかないけれどね。

 

おわり。

誰かの役に経てば幸いです。