読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画喫茶 Bande à part バンドアパート

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

言葉を綴る難しさのこと。

   言葉を綴るのは難しい。ニュースの原稿を書くときなんか悩みすぎてイライラしてくる。孤独な作業だ。

   毎日していることこそ、しっかり取り組むのは難しい。

   だからその点で、生活上欠くことのできない機能を用いる文学は、絵を描いたり曲を書いたりなどのその他芸術と性質を異にしていると思う。どちらが優れているとかの話じゃなくてね。

   なんというか、途方なさすぎる。

   どこから始め、どこで終えるのか、何を用いるのか、自由度が高すぎる。

   いつも仕事の合間に記事を書いているもんだから、推敲もせずパッパッパと書いてしまうことが多い。

   そんな途方もない大海原に投げ出された言葉たちは、訳がわからないくっつき方をする。

   所詮記号だ。

   だから後で読み直した時、思ったよりも文章がめちゃくちゃでひどい時がある。そんな時ドヤ顔で記事を投下してた自分を殴りにいきたくなる。

   今度からちゃんと遂行しよーと思いましたが、これは大して見直すこともなく投稿してしまおうと思います。

 

ああ、有言実行の4字熟語が似合う男になりたいものだ。