読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画喫茶 Bande à part バンドアパート

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

お金で解決できないことって何がある? ”初体験をどう済ませたか、冴えない高校教師に訊いてみた”

 初体験をどう済ませたか、冴えない高校教師に訊いてみた。

 彼は、お金で解決しました、と何でもないかのように言った。

 高校生って嫌らしいですよね。

 子供でも大人でもなく、中途半端に頭はキレるが、理性がない。

 僕が冴えない高校教師だったら、その場で涙目になる。

f:id:works_movie:20170228201935j:plain

 

 さて、今回はお金がテーマ。

 お金って大事だなぁ。金の切れ目が縁の切れ目、なんて言葉もある。

 お金で解決できることって多いよね。

 というか、お金で解決するのが一番楽なんだよなぁ。

 ならば、お金で解決できないことってなんだ?ということです。

 

金で愛は買えるか?

 僕は、買えねぇよ!と声を大にして言いたい。

 僕だったらね、例えお金持ちでも変なおばさんだったら結婚したくない。それは女性も同じだろう。

 金持ちのオッサンが若くてきれいな女性をはべらす構図、あんなので愛が買えたなんて勘違いしちゃあならんな。

 オッサンたちもそういう ”時間” を買っているわけで、 "感情” まで買っているとは思っていないだろう。いや、お金で彼女らの心までものにしていると思っていたら相当重傷だと思う。

 僕もお金持ちだったら、キレいなチャンネー、はべらしたいですね。

 だって面倒なプロセスいらないでしょ。お金出すから海が見えるホテル行こうよーなんて言ってさ、お小遣いあげてうまいもの食わせて夜はお楽しみでさ。

 ウィンウィンじゃん。

 でもやっぱり悲しい。それは。

金と愛は比例するか

 ちょっと話それていくけど、じゃあ男がなけなしの金を女に貢ぐ構図。

 あれはどうなの?

 例えば苦学生。汗水たらして、昼飯は、購買の隅で2割引かれたかび臭い食パン。

 やっとのことで彼女の誕生日に、10万円のティファニーの指輪を贈る。

 これは金で彼女の愛を買っているのでしょうか。

 俺はね、これは…気持ちだと思うよ。場合によっては金と気持ちは比例するの。

 まあでも、いきなり10万円は重いし、苦学生、もっと自分のためにお金使いなよ、って俺なら言うかな。

 愛は金額じゃない、なんて言うけれど、彼女の誕生日に、俺の作った歌聴いてくれ!チャラーンではい終わり、これは愛ですか、エゴですか。

 

お金で解決できないこと

 これは、やっぱり、感情じゃないかなぁ……

 感情によるものはやっぱり買えないよね。 

 ここで抽象化したいのが、

 お金は、ある一定の限度を超えると、相対的なものしか解決できなくなる

 っていうこと。

 あれ、何気に割と良いこと言ってない?

 

 例えば、許し。

 ある程度なら、金出せば許してもらえる。

 飲食店で、料理出てこない!といってブちぎれるお客様。今回は半額にさせて頂きます、なんて言えばまぁ怒りは収まりが着くんじゃないか?

 じゃあもう一つの例で、男性が長年付き合った恋人にプロポーズする、というシチュエーション。その場所として選んだレストランが、もうめちゃくちゃで、ずさんな予約の管理のもと、事前に頼んでおいたコース料理もデザートも出せない。

 今回は半額にさせて頂きます、とか言った暁には、

おいおい、お金で解決するつもりかお前は?

 なんて火に油を注ぐことになるかも。

 

 人を車で轢いてしまっても、骨折くらいなら慰謝料でなんとかなる。

 でも殺されたら?そりゃいくらお金があっても、許しは請えない。

 

 ある程度を超えてもお金で解決できるのは、相対的に測れる価値のもの。

 つまり値段が付けられるものだよね。

 

でも、おかねは大事

 だけどお金は大事。お金があれば環境が買える。これはでかい。

 お金がないと幸せになれない、とまではいわないが、お金があれば経験しなくていい悲しみも、嫉妬も、苦悩も抱かずに済むんだよね。

 ただそういう感情が人の心を豊かにする、なんていう考え方も否定はしない。

 けれど、両親がいつもお金のことで争っていた自分からしたら、やっぱりある程度の幸福は金で解決できちまうんじゃねぇかなぁ。

 

おわり

 

読んでくれてどうもありがとうございます、

気が向いたらブクマ、ツイッターでのシェア、読者登録などして頂けたら幸いです。

さようなら。