映画喫茶 Bande à part バンドアパート

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

カスパー・ハウザーって知ってる?『カスパー・ハウザーの謎』 実在する出自が謎に満ちた野生児の伝記映画

今日取り上げるのは『カスパー・ハウザーの謎』という伝記映画。

その感想の前に、カスパ・ハウザーとはどのような人物か説明する。

彼の人生は、かなり好奇心駆り立てられる数奇なものです。

 

f:id:works_movie:20170307150313j:plain

 

『カスパー・ハウザーの謎』

まずは概要。

本作は、1974年西ドイツで製作された。

19世紀のドイツ・ニュルンベルクに実在した素性不明の孤児カスパー・ハウザーを描いた映画。ヴェルナー・ヘルツォーク監督作。

ちなみに映画評論家の小野寺系は、本作を【オールタイム・ベスト】で1位としているよ。

カスパー・ハウザーとは

 

カスパー・ハウザーとは実在した人物で、16歳で孤児として保護されるまで外界との接触は一切遮断されており、言語さえ持たなかった。

発見後に教育を施され言葉を話せるようになり、自らの過去などを少しずつ語り出すようになったが、詳細が明らかになる前に何者かによって暗殺されたため、その正体と出生から保護に至るまでの正確な経緯は現在も不明なままである

また、彼は言葉という概念を習得した後、それまでは牢に閉じ込められ、外に出るまで自分以外の人間が存在することさえ知らなかった、と語ったそうだ。

彼の出自の一切が謎に包まれ、しばしば彼のことを野生児だと分類される。

その所以として、特異なまでに鋭く発達した五感などがあげられ、彼の数奇な人生は様々な専門家や研究所、文学から音楽までに取り上げられ今回紹介する『カスパー・ハウザーの謎』もその一つである。

 

僕はこの映画鑑賞前から彼の存在は知っていて、とても興味を抱いていた。

かなりワクワクしない?全く出自が不明って…。

オカルト界隈でもしばしば取り上げられたりするよね、彼のことは。

 

さて、感想について。

 

感想

なんだろう、この映画は。何が起きるわけでもないのに、観させる力がある。

喜怒哀楽もない。周りの人物関係もよくわからない。

でもいいよなぁこういう映画、と言うのが感想。

ほら、キレイでしょ?この画…みたいな押しつけがましさのない描写、これが一番良い。

カスパーが時より流す涙が、とてもきれいだと思った。

そして彼の演出がとても凝っている。

ジャケットの様子から、露骨に彼を野生児らしく描いたものかと思ったがそんなこともない。

初めて外界と接触する彼の感動する様が描かれるのかと思ったら、そんなこともない。

彼は、ぼーっと空を眺めていた。

 

ブリー・ラーソン主演の『ルーム』は、母と幼い息子が、息子の出生当初から血縁上の父親(変態)にずっと小さな物置のような部屋に監禁され、その脱出を試みる模様を描く映画だ。これも実際の話をもとにしている。

それととても対照的なんだよね。

母子が外の世界を見た時、あれはとても感動的な演出が施されたものだ。

だがカスパーは、何も話さない。

何を見ても、ぼーっとしている。

だけど、小さな赤ん坊の手を握って、静かに涙を流す。

超印象的だなぁ。

 

言葉を持たないってどういうことなんだろう。

思考を可能にするのは言語なのだろうか。

何かを表象するための記号を持たなければ物体を認識することはできないのか。

 

さて、言葉であふれた情報社会に生きる我々はこの映画をどう観るのだろうか。

何も感じない?いやいや。

表象する術を持たずとも、五感を研ぎ澄ませて季節の変わり目にも敏感で居たい。

やっぱり嘘、重度の花粉症の僕は呼吸ができません、助けてください。

 

終わり。

みんなよかったら観てね。

観るかな?誰もこれ観なそう。でも本当良かったよ。