読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画喫茶 Bande à part バンドアパート

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

「ミニマリスト」に対する疑問・デメリットは? それよりも「豪華一点主義」を。

エッセイ-暮らしのこと。 エッセイ

ブログを始めてから頻繁に目にする「ミニマリスト」という言葉が気にかかっていた。

なんとなくの語感や「ミニマリスト」を謳うブロガーの記事などである程度の理解は得ているつもりではいたが、その実情を僕は掴めずにいた。

 

そこで少しだけ調べてみた。

今回は「ミニマリスト」な暮らしと、僕が代わりに提示したい「豪華一点主義」な暮らしの話をしたいと思います。

 

ミニマリストの実情をすべて把握したわけでもないし、それを自分で実践したわけでもないが、僕が思うミニマリストへの疑問やデメリットを主観的に書いてみる。

多分に主観が含まれているし、それを全体的に否定するつもりはないので悪しからず。

というか後述するけれど、自分もそういう生き方については理解があるし、そういう側面があるから、内省的に語っていきたいと思う。

 

f:id:works_movie:20170408183217j:plain

 

ミニマリスト」とは

ミニマムな暮らしとは「無駄」を失くし最小限主義を掲げた究極の省エネな暮らしだそう。つまり、不必要なものは持たない暮らし。

 

具体的に例をあげてみると、

 

・布団の処分→寝袋生活

・一日一食

・食事は作り置いたもの

・水筒暮らし

・使わずにいる日用品、不要な雑貨等の処分

・読まなくなった本の処分

・無駄な時間の削除

・無駄な人間関係を切り捨てる

・過去の栄光を捨てる

 

等らしい。

なるほど、見えてきたぞ。

僕の頭の中にはいま、凄く殺風景な部屋が浮かんでいる。「シンプリスト」とは似て非なるものらしく、それは“小綺麗にまとまっている部屋”というよりは、最早まとめる必要のないくらいの断捨離に次ぐ断捨離だ。

 

街へ出かける時はスタイリッシュに、無駄なものは持たない。

財布だけとか?スマホとクレジットカード?

 

うん、それはいいね。僕も大体外に出る時はスマホと財布だけだ。

さて、以上でみてきたように、以上の定義から、ミニマリストとは、無駄を排した究極の合理化。

好き嫌いではなく、合理化です。

面白いね、時代の変化は。

 

でもね、スピッツも言っているよ、無駄なことほどしすぎるといいんだ、って。

 

凄く言い考え方だとおもう。けれど、一筋の疑念が払拭できずにいる。

無駄なことってなんだろう

f:id:works_movie:20170408183248j:plain

たしかにストレスフリーな生活というイメージは強い!それはとってもいい事だと思います。

 

でも、無駄って何だろう。

 

僕も好きじゃない友達とは出歩かないし、無益な飲み会には顔を出さない省エネ人間、合理主義的な人間なのでそういう側面はある。

 

ただ、無駄かどうかっていう事だけで物事の価値を測ろうとするとなにもかもが無駄な気がしてしまうのでは?あまり人間らしい暮らしとは思えないなぁ。

 

仕事をする上でもそういう人間との共生は必要となるよね。

 

自分にとって嫌いな人間でも得を生む人間になれば話は別か。

いやむしろ、好きか嫌いかなんて関係ない、損か得かが重要で、

合理化ってそういうことだよね?

 

例えば好きな友達と一緒にいる構図についてもこうです。

 

好き

→だから友達と一緒にいるのではなく

 

好き

一緒にいると得をする

→だから友達と一緒にいる

 

という一つ余分なプロセスが入り込んでくる。いつしか、損得の勘定をすることでしか人の価値を測れなくなるのではないか?それじゃ、好きな人と飲み行くメリットは?価値は?

僕らが存在している意味は??? 

 

本当に価値があるかどうかなんてわからないし、無駄=好き嫌いで判断しうるものだとしたら、それはずいぶん都合のいい考えだ。

 

 

というか自分がそういう傾向にあるから、それってちょっと寂しい暮らし方だなと内省的に、そういう考えを抱いてしまいます。

 

合理化は楽だけど、残ったものはあまりにも殺風景な人間関係かもしれない。

 

というか、ミニマムな暮らしってそういう事でしょ?そこまでやらずにミニマリストって謳っていいのかな?

 

そうじゃなくちゃファッションミニマリストなのでは…?

というのが僕がミニマリストとは何か調べてみた感想です。

すいません、めっちゃ牙向けてますね、そんなつもりじゃないのです。

ミニマリストに完璧なミニマムな生活を求めすぎているのかもしれない………。

 

豪華一点主義のこと

じゃあ僕が提示する豪華一点主義とはなにか。

これは寺山修司の言葉を発端とするものである。

興味がある人は、寺山修司著『書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)』を参考にされたい。

 

豪華一点主義とは

日当たりの悪い独身アパートで、ゴキブリが這いまわっている四畳半に住んでいる男がマイカーにアルファ・ロメオとかマセラッティといったものを持っている。

(中略)

これは、いわば「身分相応」という観念への挑戦である

 

寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』より)

 

例えるならそう、

毎日風呂の隅にたまった垢を舐めるような生活を送る代わりに、一カ月に一回、石原さとみとの逢瀬が叶う

 

例えるならそう、

人間関係全てを切り捨てる代償に、有村架純との同棲生活が叶う。

 

これって超自分勝手な生き方だ。

好きなことはする、でもそれは嫌なこともすることと引き換えに、だ。

 

ちょっと行きたいけど色々な飲み会を断る(代償)

→彼女と超豪華なイタリアンで食事(対価)

 

みたいな要領。

これ、ミニマリストが求めている者でもあるんじゃないか??

 

毎日の生活を切り詰めるというのは、ミニマムな暮らしと通づるものがある。

だけど、目標が明確に設定されている、というのは大きな違いかも。

好き嫌いに明確な線引きをする、これも本当のミニマリストとの違いかも。

 

毎日残業続きで嫌いな仕事をする、対価として手に入れたお金で自分の好きなことをする。これも豪華一点主義。

手段ではなく、結果に重きを置く。

なんて素晴らしい生活だろうかと思います。

まとめ

ミニマリスト=その生活自体に価値を置く

豪華一点主義者=代償と共に得た結果に価値を置く

 

というのが大きな違いかもしれない。

もちろんミニマリストも結果=ストレスフリー、合理的な暮らしを求めるものかもしれないが、直接対価に結び付くという印象は薄い。

それよりも、ミニマムな暮らしを好むから、ミニマムな暮らしを送る(合理化を図る)ということかな。

 

僕はミニマリスト、好きだし尊敬しています。

でも本当にそれはミニマムな暮らしを送っていると言えるのか?と疑問を抱くことが多いし、そんな簡単に手を出せる分野ではないのじゃないかな、というのが純粋な感想。

 

それよりも豪華一点主義、もっと良いと思います

 

寺山修司のこれ、名著です。

とってもいいこと言っているので是非。