映画喫茶 Bande à part バンドアパート

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

なぜ洋画の原題・タイトルはシンプルなのか?理由を考える。

さっそくですが『アナと雪の女王』の原題をご存じでしょうか?

 

答えは『frozen』です。

 

直訳すると凍った、とか冷蔵の、という意味で、形容詞の中の過去分詞ですよね。

 

『冷蔵の』なんてタイトルの映画があったら、ちょっとした違和感を抱きませんか?

またこんな形容詞だけのタイトルの邦画ってある?

あまりないよね。というかほとんど見ない気がする。

 

原題からは考えられないほど長い邦題をつけられたり大幅な改題が行われることは、映画の世界には多々あることです。

原題と邦題は大体が異なりますね。

邦題だけ知っていても、英語圏の方と映画作品の話を滞ることなく楽しむ、ということはなかなか難しかったりする。

 

言語が違うわけだから、当然作品のタイトルの付け方とかも変わってくるのです。

例えば、上記の『frozen』というタイトルの映画なんかいい例ですね。

 

そこで今回の記事のテーマなのですが。

英語と日本語って、なんとなく “単語” に対するアプローチの仕方が違うんじゃないのか?ということを僕は常々頭の隅に置いていました。

 

今回は以前から気になっていた、そんな言葉の用い方や捉え方について、例によって映画を題材に考えていきたいと思います。

 

f:id:works_movie:20170328152853j:plain

 

 

具体的に言葉の用い方といいましたが、主に考えるのは、英語と日本語の単語に対する価値観について。

言語学的な専門記事ではなく、あくまで考え方についてです。

ちょっと面白い試みというか考察ができればなぁと思います。

 

邦画と洋画のタイトル

僕が記事で取り上げたいのは、語感の違いというか言語に対する感覚的な相違。

これが大風呂敷を広げたような前置きならないよう、しっかりとした考察をすすめないと。

 

なんとなく、洋画の原題はシンプルで、邦画のタイトルは長いものが多い、という漠然としたイメージを僕は抱いていました。

さて、それが本当なのかどうか、ちょっと検証してみたいとおもいます。

 

洋画の原題はシンプルだ。

 

まず、洋画におけるタイトルって、とてもシンプルだったり単語のみのものが多いんですよね。

 

たとえば『The ~』とか、すごくシンプルなもの。

The Martian(火星人)』とか、これは邦題が『オデッセイ』ですね。

The Accountant(公認会計士)』とか、これは邦題が『ザ・コンサルタント』です。

他にも挙げれば

Bony and Cryde(ボニーとクライド)』は『俺たちに明日はない

『Moon』は『月に囚われた男』 
the Mummy』は『ハムナプトラ/失われた砂漠の都

fast five(速い5)』は『ワイルド・スピード』です。

フォレスト・ガンプのように、もう人名のみ、なんてこともあるよね。

 

やっぱり、原題凄くシンプル!

タイトルだけじゃなんだかよくわからんし。

 

それでは考察の方に移っていきたい。

その前に、まず大きな注意点があります。

それは、

・洋画は原題のものを考える

というものですね。当たり前と言えば当たり前だけど(笑)

手順として、洋画における原題と邦題と、洋画と邦画のタイトルについて考えていきたいと思います。

洋画における原題と邦題

上記で注意を促しましたが、それについても言及したい。

 

原題と邦題が大きく違う、というのはよくある話。

例えば先の『アナと雪の女王』だってそうです。

先日上映された『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』の原題はDemolitionだし

カールじいさんの空飛ぶ家』は『Up』です。

 

邦題の付け方がひどい!意味不明!なんて言われることもしばしばありますが、まあそれはどうでもいいんです。

だって、今回は言葉のニュアンスの違いを考える記事だし

それに邦題をつける際は必ず恣意的な意図が含まれている。

 

それは洋画版のポスターヴィジュアルが日本版だと大きく変わったりするのと同じだと思います。

www.e-aidem.com

だから今回はそのことについてはノータッチで!
 
邦画のタイトルについて

さて、少しづつ本題に移っていきます。

じゃあ、邦画のタイトルはシンプルじゃないのか?ということ。

作品を挙げだしたらキリがないし、意図的にピックアップすればそれこそいや邦画だってシンプルな作品もたくさんあるよ!ということになりかねないので、

まあそこは公平な検証を進めようとは思いますが……。

 

最近観た邦画を順にあげていくと

 

わたし出すわ』『地獄でなぜ悪い』『ラブ&ピース』

羅生門』『パッチギ!』『愛のむきだし

『ふがいない僕は空をみた』『嫌われ松子の一生

カラスの親指』『リアリズムの宿

『神童』『凶悪』『ミュージアム』

苦役列車』『東京難民』

 

こうやって挙げていくと、確かに洋画よりはタイトルが複雑なイメージです。

あれでも待って。

 

単語一つで終わるものって中々無いね、と思いきや、意外とある。

いやでも、そこまで複雑か?シンプルなものも多くない?

 

パターン化してみる

パターンとしては

【A が Bする】

【A の B】

みたいな構造が多いみたい。

抽象化するとなんだか見えてくるものがある、というのも、

構造からみれば、そこまで複雑ではなくない?という一つの到達点。

 

例えばなんだけど幾つかの作品を直訳すると

愛のむきだし』→『Love Exposure』

カラスの親指』→『Crow's Thumb』

七人の侍』→『Seven Samurais』

こうするとなんだかシンプルに見えるのは気のせいかな。

 

というか、英語で直訳するとシンプルに見える…。

 

洋画の原題は果たして本当にシンプルなのか

結論から言うと、意味だけで考えてみればそこまででもないのでは?

パターン化してみたけど、多分それは表記の問題かもしれない。

ということで僕が見出した結論はこちら。

 

例えば日本語って、カタカナやひらがな、漢字で構成されていて知らないうちに同じ様に認識しているけれど、同時にアルファベットだけ並んでいるものよりも少し複雑だな、と無意識に受け取っているのではないか、ということ。

→アルファベットだけ並んでいるよりも、シンプルには見えづらい。

 

もう一つは、助詞の存在。助詞があると少し複雑に見える。気がする。前置詞よりも。

→助詞はひらがなだし、接続の役割を果たすひらがなが漢字で挟まれていたりするとシンプルにはならない?

 

でねそれとまた別ですが思ったんですけど、

英語圏において “単語” に対するアプローチが日本語圏の人となんとなく異なる理由。

 

英単語ってかっこよくね?(笑)

 

『The Accountant』が、日本語だと『公認会計士』だよ。

『The Martin』が『火星人』だよ。

カタカナにすればまだ何とかだけど、漢字表記って意味が直接的すぎる気がする。

『frozen』もなんとなく、ここまできたらオシャレに見えてしまうし。

 

でも日本語だって美しいよ。

漱石の『こころ』とかさ。

周作の『沈黙』とかさ。

一概には言えないんだよなぁ……。

 

 

僕の中では、まあそんなことないのでは、という結論に至った理由をまとめる。

・シンプルな原題の映画を恣意的に選んでおり、そういったタイトルの映画ばかり英語圏であふれているわけではない。ただしその傾向はあるというのは確か。英単語かっけえ。

・助詞の存在が邦画タイトルを複雑に見せている(単語数を増やしている?)

・カタカナ、ひらがな、漢字の三要素

 

こんなところかな。

僕は英語は単語に対する信頼感が強いのかとか、なんだろう

単語に対する価値観が日本語とは少しズレてるのかな、とは常々思っていたんだ。

いいまとめ方がわからないので、今日はこんなところで。
さようなら。

読んでくれてどうもありがとうございました!