足が絡まっても、踊り続ける

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

カメラを買うタイミングがわからない。

カメラを買おうと思った

 

大学1年生の頃、俺には年上の恋人がいた。彼女は、よく俺の手によって自分の姿を写真に収めさせたがった。いやいや携帯を取り出して撮った写真を彼女に見せると、だいたい不満そうな顔をしたものだが、十回に一回は満足そうに頷いてくれた。

 

もっと綺麗に撮ってやりたいと思った。しかし、携帯じゃどうも格好がつかない。公衆の面前で携帯を取り出して、その画面から彼女と向き合うのがなんとなく気恥ずかしかったのだ。だから、カメラを買おうと思った。ちゃんとした、一眼とか言う奴を、だ。

 

その恋人とも、一年足らずで別れた。結局カメラを買うタイミングを逃してしまった。

 

カメラを買おう。この季節は、毎年そう思う。

 

日が傾き始め、澄んだ空気の中、橙の光が屈折し、木や土に、新しい命を息吹くような美しい景色が形作られる。その姿を大切な人と共有できないことをもどかしく感じるから。自然だけでなく、立派な建物にも平等に夜は訪れるのだけど、それを知らせるかのように街を橙の色で埋め尽くす景色が、一瞬であるがために、毎日訪れるその時間が短すぎるために、この目に焼くだけでは勿体ないと思うから。

 

カメラを買おう。

この季節は、毎年そう思う。 けれど、カメラを買うタイミングがわからない。

ついでに言ってしまえば、その景色をみせたくなるような人が俺にもできればな、と思う。

もしできたなら、いますぐにでも買いに走るのに。