足が絡まっても、踊り続ける

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

「アルマーニ」の泰明小はなぜ叩かれる? 制服と名門校が顕在化させたモノ

制服代一式9万円弱と報道され、世間を賑わせた銀座・泰明小学校の「アルマーニ」導入問題。公立小学校の制服で有名ブランドを取り入れるなど、中々の混迷ぶりだと世間の目には映ったに違いない。当の私も、地元の公立小中学校で少年時代を過ごした身であるため、全く理解できなかった。

 

gendai.ismedia.jp

 

アルマーニ制服導入はそれほど誤っていない。

いや、狂ってはいない、と言った方が正しい。

 

あなたが小学生だったら、この学校に入りたいと思うだろうか。私は、親が入れてやるというのなら入ってやってもいい。

どうだろうか。皆さん、入りたいですか。

 

f:id:works_movie:20180221115218j:plain 

 

今年23歳を迎える身であっても、アルマーニのお店なんて足を踏み入れることさえ恐ろしい。超着てみたいもん、アルマーニ。だってそうでしょう、まだお母さんの乳房を吸っていたことが記憶に新しいはずの小学生がソレに袖を通せるなんて、どう逆立ちしても羨ましくないはずがない。

 

議論のポイント

議論のポイントは様々だ。「公立小学校でやる意味」「貧富の差の拡大を助長」「保護者達は納得しているのか」という事が主に焦点となっている。

 

しかしこれらの中でも『高い制服代の是非』についての議論は無用である。リンクを読んでいただければわかるが、「9万弱」の内訳や他の学校と比較してみると、目ん玉が飛び出るほど高いというわけではない(と思う)。

 

そもそも「値段」への評価は相対的なものであるため、制服導入校の制服代の、特に都心の相場について知らなければ、社会的奇異に映るのは当然だ。従って「制服代」についての議論は無用である。

 

本当の問題は何か

なぜこれほどまで大々的に報道されたかと言えばアルマーニ」のインパクト、そして小学生の制服代が「9万円」という異常さだ。

 

結論から言えば、メディアの報じ方に大変問題があるのではないか。「アルマーニ」という高級ブランドに目がつきすぎてしまい、本質を見失わせている。そして制服代「9万円」ということであるが、これだけ見ると確かにとてつもない額である。

 

f:id:works_movie:20180221115243j:plain

引用『銀座・泰明小が「アルマーニ服」にこだわらざるを得なかった理由』

 

しかし実際は、夏・冬用のジャケット・ズボン、シャツ・ブラウス、ベスト、セーター、靴下などの一式で9万円弱、そしてブランドはアルマーニ。これを高く見るか安く見るかは人それぞれだけれど、決して叩かれるほどの値段ではない。そして銀座の泰明小学校だ。普通の公立小学校とは明らかに違う。しかも、公立の小学校の制服代だって決して安く済ませることは簡単ではない。

 

だから本当の問題は「貧富の差の顕在化」なのではないかと考える。

 

貧富の差の顕在化

私立大学に入学するとわかる。マジで金持ってるやつ多過ぎる。育ってきた環境の差は、後に子供に与える影響は大きい。金銭感覚とはその人の価値観の一要素を成すものだ。

 

身をもって様々な人間と関わることで思うのは、お金持ちがお金持ちだけのコミュニティを形成することは、それほど疑義を呈することなのだろうか、ということである。元々見えなかったものが浮き彫りになったというだけで、貧富の差は様々な形で人々のもとに根付いている。

 

泰明の在校生を知る女性に特色を聞くと、「泰明小は、地元の帝国ホテルや百貨店、一流レストランと交流する授業があるそうです。画廊巡りもするんですよ」と教えてくれた。

 

普通の少年時代を過ごせば、アルマーニの制服を採用した銀座の名門校に小学生を通わせる保護者に対して何か一言いいたくなる気持ちはよくわかる。けれどその感覚の根底にあるドロドロとした内的な心情を見直すべきかもしれない。子供に一流の教育を施したいと思う親の気持ちは決して否定できるものではなく、アルマーニ」はただその「一流であること」に対するブランディングでしかないのだから。

 

結び

本当に、本当に悲しい事だけれど、貧富の差がこれから縮まるとは思えない。大事なのは金銭だけでなく、子供自身がどれだけ心にゆとりが持てるかという事であって、別にアルマーニで身を包まれなくても幸せは感じられる、というのは極論だろうか。

 

「お受験戦争」が取りざたされてから久しくなるが、それが銀座の名門公立小学校にも波及したという事で、今回の騒動は元々あった貧富の差を顕在化させただけだと私は考える。「価値」を伝えるためにはブランディングほど重要なものは無いように思う。しかし、アルマーニの制服というインパクトが強すぎて世間の反感を買ってしまった。

 

教育を取り巻く環境を考えることは本当に難しい。