足が絡まっても、踊り続ける

映画家になるまでの記録。映画、読書、喫茶店。

【拡散希望】ルポルタージュの旅に出ます。どうか探してください。

僕にとって、2018年の夏は、誰かと過ごせる最後の夏でも、平成最後の夏でもなくて、学生生活最後の夏だ。僕にとってそれは、とてつもなく大きな意味を帯びている。

 

近頃はずっと「その人にしかできない生き方」を求め、そんな生き方がもっと世の中に浸透してほしいという想いのもと、色々な人と、生き方と出会った。

 

けれども、まだまだ足りない。もっともっと、色々な人と出会わなくてはいけない。

 

そこで、ルポルタージュの旅に出ようと思い立ちました。

 

学生生活最後の夏、どう過ごすか、それは決まっていて、その人にしかできない生き方を描いて、たくさんの人に発信する。それは今しかできないことだから。

 

「おもしろいことがしたい」なんてくすぶっている場合じゃない。

 

具体的には

 

・学生生活最後の夏休み(9月)、西日本をまわる

・その人にしかできない生き方をしている人に出会う

・僕の運営するウェブマガジン上で記事にし、発信する

 

こんな感じです。どうでしょうか。ちょっと自分でもワクワクしちゃいます。

 

f:id:works_movie:20180314180926j:plain

 

 

そこでお願いがあります。

 

僕の試みを、どうか世に広めて欲しい。

簡単なことです。

この記事をSNSでシェアしてもらえないだろうか。ブックマークしてくれるだけでいい。

 

そしてできれば、あなたのクールな生き方をする友人、知り合い、家族、組織を紹介してください。

 

自分の生き方を知ってほしい、有名になりたい、成し遂げたいことがある…

なんでもいい。あなたの生き方を記事にさせてください。

 

それは本当に簡単なことです。

 

でも、その簡単なことの、実際に見ず知らずの人間に協力を与えることの難しさを知っているつもりではいます。

 

だから、どうか、僕の想いに共感してくれる方がいましたら、ちょっとだけでも、協力してほしい。

絶対に面白いことになります。確信があります。

 

どうか、よろしくお願いします。

 

ウェブマガジン・Alonesはこちら。

alones-magazine.com